ネタバレ無きレビュー:「インデペンデンス・デイ リサージェンス」規模がデカすぎて凄いが気楽に見れる映画

By 管理人

あらすじ

人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年後の2016年7月、エイリアンがアフリカに残した宇宙船が密かに覚醒する……。

20世紀フォックス(一部改変)

前作の映画インデペンデンス・デイから20年後、エイリアンの技術などを手に入れ惑星規模で結束を固めた人類に、奴らが再びやってくる・・・。

というわけです。

 

予告編

前作は見る必要あったか

私は、前作「インデペンデンス・デイ」に関しては午後ロードで見て適当に内容が頭に入っている程度でしたが全く問題なし。

ちょくちょく、20年前に色々あった人っぽい人が出てきますが、「色々あったんだろうなぁ。」と思っとけば大丈夫でした。

 

どこがどう面白かったか

CG馬鹿にすんな

私は保守的で無知な人間なので「ほぼフルCGなんて結局テレビゲームみたいな映像なんだろ、実写の爆発には敵わないぜ!」というバリアみたいなものがあるんです。

だからちょっと斜に構えて見始めるんです。

なんですけど、全然問題ないですね。よく考えたらほとんどの映画でCG使っていますし。

 

デカすぎ

予告編からもちょっと見受けられますが、宇宙人の規模がデカすぎて面白い。

デカすぎ、こんなんどうしようも無いじゃん。

 

設定というかSF感というか

途中、アレだと思ってた物が実はアレで、「アレじゃ~ん!!」となって、しかもそのアレが結構SF感あって好きなんですよ。

ネタバレ無しなんで伝わりづらいですけど、アレなんですよ。

 

4/6

大変恐縮ですが、この私程度の人間ですが評価をさせていただきます。

普通に面白かったです。

私は東京生まれ東京育ち悪そうなやつは避けて通るなんで、インデペンデンス・デイというか独立記念日みたいなものに全く思い入れもないですし、このシリーズにも全く思い入れがありません。

しかし、だからこそ適当にピザでも食べながらドクペを飲んで気楽に見れるSF映画として、良いポジションなんじゃないでしょうか。

分からない事がある?質問しよう!